双極性障害を知ってサポートする|症状を抑える治療法

治療で回復を図る

女性

うつ状態と躁の部分を二つ持つ双極性障害は、早期発見で完治を目指すことができます。また、早めに治療をすれば感情のコントロールができるようになるため、双極性障害を抱える家族も一安心できるでしょう。治療目的は、再発を繰り返さないことです。双極性障害は適切な治療をしても療法を中断すればすぐに再発するしつこい精神疾患です。そのため、症状が軽くなっても独断で治療を辞めるようなことは極力避けるべきです。双極性障害の主な治療は、薬物療法です。症状が重い時は長期に及ぶことも多く、完治できても再発を防ぐため、一定の期間は服用します。薬物療法では、気分を安定させるもの、抗精神の薬を使って進めていきますが、大事なことは自身や家族も双極性障害について受け入れ、薬を医師の指示通り飲み続けることです。そうすれば、症状も落ち着き生活に支障をきたすことがなくなるでしょう。

双極性障害は薬の服用だけではなく、心理教育も取り入れていきます。この治療では病気を受け入れて精神ともにコントロールを続けることです。そのためには心理教育の効果を上げるために早期治療が求められます。病気について理解を深め、患者と家族が治療へ協力的になることは患者にとっても大変心強いでしょう。これを家族療法と言いますが、ストレスの悪化を防いだり悪循環をなくしたりできる効果があります。薬の治療を平行して続けると、社会復帰も早くなり生き生きとした人生にできます。他の治療法だと、双極性障害にありがちな否定的感情をなくすことです。それができる認知療法は、査定的な捉え方ができるよう練習を重ねることで双極性障害にある気分障害の波をコントロールできます。しかしこれらの治療を続けても中々完治が見えないという患者もおり、原因として考えられるのが対人関係や生活リズムが乱れたことです。この場合の治療方法は社会リズム療法を使って様々な部分からやってくるストレスを軽減する目的があります。うまく効果を引き出すことが出来ると人間関係において悩みがなくなり、うつ状態を回避できるでしょう。社会リズム療法では普段の生活リズムを正しくすることで再発を防止する役目も果たしてくれます。薬の治療だけではなく、双極性障害を招く生活スタイルを組み立てるとより効果を出せるでしょう。