双極性障害を知ってサポートする|症状を抑える治療法

再発をさせないポイント

ハート

精神疾患の中でもかなり厄介な双極性障害は、見た目も普通の人と変わらないので早期発見がとても難しい病です。また、この手の精神疾患は再発をする確率がかなり高くなるため、治療中も油断は禁物でしょう。双極性障害の再発は全体の90%以上が経験しており、一度双極性障害を経験した患者は、治療を率先して続ける必要があります。双極性障害は一見何も問題がない正常な時期がありますが、この間に4回以上の躁状態を経験します。この繰り返しが目立つようになると、再発をしているサインになるため早急に病院を受診して治療に専念する必要があります。

双極性障害の再発を未然に防ぐ方法としては、それを目的とした維持療法を行なう必要があります。この維持療法では基本的に薬物療法を行ない、それに加えて心理社会的治療を混ぜていきます。パートナーや家族は双極性障害についてしっかりと勉強をして、正しい知識を取り込むことも重要でしょう。再発をした場合、周囲のサポート無しでは悪化するだけです。家族や周りができるサポートに心理的配慮というものがありますがこれは様々な分野で実施することが重要であり、双極性障害の悪化を防ぐ目的もあります。再発防止にとても貢献してくれるでしょう。他にも対人関係や社会性リズム療法、家族療法、認知行動療法等も双極性障害の再発を防止することが可能です。最近は双極性障害の再発を重く受け止め、相談に乗ってくれる精神保健福祉士やソーシャルワーカーが活躍しています。治療中の不安から悩みまで幅広く対応できるので、家族も頼りにしています。何かを吐き出したい時に利用してみましょう。