双極性障害を知ってサポートする|症状を抑える治療法

慢性化しやすい

ドクター

自分が中心になり、一方的に話す症状も双極性障害の特徴です。また、自信がある分何をしても成功すると勘違いするため、壮大な妄想と計画をします。結局うつ状態に戻ると何をしていたのかと猛省し、病院を訪れます。双極性障害の症状は性格だからと割り切られる部分があるため、家族や周囲も大変気づきにくい精神疾患です。Ⅱ型に関しては症状が軽いので躁部分の症状も四日あれば落ち着くでしょう。落とし穴といえば、Ⅱ型は慢性化しやすい点です。治療のため入院をする必要もなければ、放置すればどうせよくなるという誤った認識がより症状を悪化させます。結局、うつ病も発症するので、入院を余儀なくされるケースも多々あります。他の欠点といえば、医師に気づかれにくく適切な治療が受けられない事、また、慢性化するので他の病を併発する恐れがあることです。この場合、パニック障害や非定型うつ病が多いとされています。双極性のⅡ型タイプは、自殺をする危険性が非常に高いことで知られており、適切な診断を受けて治療を早急に始めるよう促すのは悲しい結末にしないためです。

Ⅱ型タイプの双極性障害は、慢性化しやすいだけではなくイライラした感情が多くなる点も特徴です。常に気分がいいわけではないため、イライラする様子は家族や周囲にも不安を与えるでしょう。ただこの感情も時間の経過でなくなりますから、家族はそこまで重要視しません。Ⅱ型タイプの双極性障害は周囲が慌てるほどハイテンションになるⅠ型より行動が控えめなのでこれも受診が遅れる要因です。双極性障害であっても人様に迷惑をかけていないから放置しても大丈夫とは言えないので、おかしいと思った時点で治療をすべきです。