双極性障害を知ってサポートする|症状を抑える治療法

必ず原因がある

ナース

一般的なうつ病だと、原因は数多くあります。別名心の風邪と呼ばれているので今症状が出ていなくても発症するきっかけは誰でも持っています。家族や愛する人の死と、急な環境の変化、出産等もうつ病を引き起こす要因です。一方、うつ病にとても似ている双極性障害は、遺伝性がとても強く、さらにこころに大きなストレスがのしかかると発症する精神疾患です。遺伝に関しては様々な研究結果でほぼ間違いないと立証されています。しかし双極性障害になる遺伝子は一つではなく、複数が交わっている可能性も否定できません。単純に親が双極性障害だから自分もそうなるとは言い切れず、自分の子供が必ず双極性障害になるとは限りません。また、双極性障害の研究も現時点で多く行なわれていますが、遺伝以外にこれといった原因も解明されていません。その過程で見つかったのが原因遺伝子というだけです。双極性障害を引き起こすもう一つの原因はストレスですがこれはうつ病を発症する時と同等だと考えるのはまだ早いです。もともとの遺伝子にストレスが加わっている時もあるため、少なくとも大きなストレスがかかったから双極性障害になると判断はできません。しかし、明らかな過大ストレスがあると、それを対処できなくなる傾向にあるためこの場合は双極性障害を引き起こすことも十分考えられます。ストレスといえば、気持ちの問題だと片づける傾向がありますが実は、脳に損傷が起きている事ともいえます。うつ病を発症した場合ストレスで分泌されるコルチゾールが多くなります。また、コルチゾールが増えると中枢神経に障害が起こるため、うつ病の原因かもしれないと囁かれています。これと同じ考えで双極性障害も、似たような仕組みから発症すると考えられています。

双極性障害の原因はストレスと遺伝ですが、ほかの理由に病前性格も関係している可能性が強くなっています。もともとの性格に双極性障害になるきっかけがあれば、簡単に発症するでしょう。社交的で親切、しかも善良で温厚といった社会に同調する性格の持ち主は双極性障害になりやすいという研究結果も出ています。